新卒を新卒扱いしないから成長できる

Komiyama Hina

2018年 新卒入社小宮山 比菜

まわりに流されていた就活を経て、自分の進むべき道をみつけた

レッドビジョンに出会うまで、就活ではまわりに流されてしまい、大手企業ばかり見ていました。でも、皆で同じ格好をして同じことを言わないといけない就活は、自分を押し殺すようで、すぐに辛くなったんです。その後、就活は辞め、自分でビジネスをしていた母親の仕事を継ぐことを決意しました。

でも、少し時間が経ち、冷静になってみると、「母が創ったものを守る」ということを口実にして、就活から逃げるために選んだ道だったと気づいたんです。その時点でもう大学4年生の秋でしたが、意を決して就活を再開。今度はまわりに流されず、自分自身で考え、行動することを求められる成長企業こそが自分の進むべき道だと確信していました。その時に出会ったのがレッドビジョンでした。

自分自身にしっかりと向き合ってくれる会社

正直、面接を受けたときでさえ、商品にもECにもほとんど関心がありませんでした。その一方で、レッドビジョンの面接は、面接というよりは会話という感じで、就活の面接で初めて素の自分のままでいることができ、思っていることを言えたことが鮮明に記憶に残っています。自分を押し殺したり、型に嵌るようなところがなく、社員一人ひとりが自分らしさを持っていて、お互いを尊重している、そんな会社だと確信できたのが入社を決めた動機ですね。

就活生の中には「正直、やりたいことが分からない」という人も多いと思いますが、そういう人にこそ、自分に嘘をつかず、自分自身に向き合ってもらえる環境として、レッドビジョンに興味を持ってもらえたら嬉しいです。

本当に成長の糧になるのは、自分で考え、行動するための裁量と責任

新卒扱いされず、責任と裁量があるからこそ成長できる

内定後は、少しでも早く仕事をしたいと思い、入社前からインターンとして働きはじめました。入社後は、想像以上のタスク量とスピードに圧倒されて残業が続いたり、ベンチャーなのに意外と柔軟じゃないところにぶつかったりと、キャッチアップに苦労した記憶があります。ただ、新卒メンバーを子供扱いしないでくれたからこそ、いち早く社会人として自立できたとも思っています。私は時間管理が特に苦手だったのですが、責任と裁量を与えられ、毎日、自分がすべきことの優先順位を自分で考え、行動することを繰り返すことで、今では自信がついてきました。

「成長したい」と考える就活生は多いと思います。私自身も大手企業を見ていたときは、「会社が自分を成長させてくれるかどうか」と受け身の考えを持っていました。でも、本当に成長の糧になるのは「自分で考え、行動するための裁量と責任」なんだと今では思います。

自分の足で自分の道を切り開き、母を超えたい

レッドビジョンはお客様一人ひとりに寄り添う1to1マーケティングに強みがあり、私自身、カスタマーサクセスの仕事にも携わっています。最近気になっているのは、ありがたいことに非常に多くのお客様にご利用いただいていることもあり、どうしてもコミュニケーションが「お客様からいただいたお問い合わせに対する対応」になりがちなことです。私はこれをもっと「お客様のお悩みや苦労があらかじめ発生しないように改善」したり、「困っているお客様をこちらから発見して支援する」といった攻めのカスタマーサクセスに変えていき、お客様にも会社にもより貢献できるようになりたいと思っています。

他にも、人事や組織づくり、業務の品質やスピードを上げる業務プロセス改善等、20代のキャリアの中でやりたいことはたくさんあります。最終的には、ちょっと恥ずかしいですが、「母を超える」のが自分のキャリアの目標ですね。自分一人の力で道を切り開いていった母を超えられるように、これからも挑戦を続けていきます。