前向きに挑戦を続けられる場所

Noba Yuki

2018年 新卒入社野場 祐輝

フラットに対等な一人の人として受け入れてくれる会社

新卒の就職活動では、最初は市役所やメーカーさんのインターンなどに行ってみたのですが、あまり働くイメージが湧きませんでした。年功序列で敷かれているキャリアパスや、前例やルールに縛られた働き方が、自分には合わないと気づいたんです。そこで、もっと自分で考え、自分で行動できるような会社はないかと思い、ベンチャーを視野に入れたときに出会ったのがレッドビジョンでした。

それまではベンチャーというと、ガツガツしていたり、上から目線だったりするようなイメージがあって、正直苦手意識を持っていました。それが、レッドビジョンは、代表も含め本当にフラットに接してくれて、自分を対等な一人の人として見てくれたことが驚きでしたね。将来は自分の力でビジネスをやれるようになりたいという思いもあり、自社製品の企画から、マーケティング・販売まで一気通貫で経験することができるという点も入社を決めた理由です。

「ネガティブマインドに支配されない」ことで成長する

入社するまでは、社会人になりさえすれば「自分は変われる」と、ある意味幻想を抱いていたのですが、実際には良くも悪くも何も変わりませんでした。心のどこかで「会社が自分を成長させてくれる」と思っていたのかもしれません。

レッドビジョンにも成長の機会は本当にたくさんありますが、当然それを活かせるか否かは自分の問題です。そのため、自分自身を「前向きに挑戦する姿勢」を保つことが大切だと思います。

私自身、気持ちよく頑張れるときもあれば、仕事がが上手くいかず、時にはくじけそうになることもあります。でも、自分自身がどんなに落ち込んでいても、職場やまわりのメンバーの前向きな姿勢が気持ちの支えになってくれるのは本当に大きいです。レッドビジョンの行動指針にある「ネガティブマインドに支配されない」を心がけることで、壁にぶつかっても新たな道を見通せるようになったと感じます。

どれだけ自分自身を、前向きに挑戦する姿勢に保てるかが大切

年次の浅い若手メンバーでもリーダー経験を積める環境

一人で複数の部署やプロジェクトを兼務できるのはレッドビジョンの特徴です。私自身も、お客様対応から、協力会社さんとの調整、社内の情報システムの整備や大規模移行といった大仕事まで、短い期間で多種多様な仕事をさせてもらっています。

そうした中でも特に思い入れがあるのは、「心技体(健康、学習、コミュニケーション等、プロ意識向上のための制度)」というタスクフォースのチームリーダーを担っていることです。レッドビジョンでは所属部署とは異なるメンバーがプロジェクトに集まることも多いので、年次の浅い若手メンバーでもリーダー経験を積むことができます。自分よりも年次が上のメンバーもいる中で、どうすればチームをまとめていけるか。試行錯誤しながら学んでいます。

問題意識を持ち、自ら率先して実現していきたい

どうしても仕事の経験が浅い間は、自分の意見に自信が持てなかったり、不安だったりすることはあると思います。でも、入社から1年程度経ち、少しづつ自分の力でやり切れる仕事も増えてきて、自信もついてきました。今後は、今まで以上に問題意識や意思をしっかりと伝え、周りを巻き込みながら自らが率先して事業や組織の実現していきたいと思います。もうひと回り成長して、本当に自分の足だけで立てるようになりたいですね。

将来の夢があって、世界中を生活をしながらまわりたいと思っているんです。そのためには、自分自身の力だけでビジネスができるくらいにならないといけない。実現できるだけの力をつけられるように、今は目一杯、挑戦を続けて成長したいと思います。

社員インタビュー